学校法人代々木学園

学校概要

  • 学校概要
    法人名 学校法人代々木学園
    所在地
    (本校)
    〒517-0217
    三重県志摩市磯部町山原785
    TEL 0599-56-0770
    URL https://yoyogi.ed.jp/
    代表者 一色 真司
    内容 広域通信制高等学校

  • 代々木
    高等学校
    志摩夏草本校
    〒517-0217
    三重県志摩市磯部町山原785
    TEL:0599-56-0770
    東京
    〒151-0051
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2
    TEL:050-3535-2797
    大阪
    〒541-0056
    大阪府大阪市中央区久太郎町2-5-19 丸忠第3ビル3階 306号
    TEL:06-6115-6450

沿革

代々木高校開校までの主なあゆみ

1993年 オルタナティヴスクールとして「代々木高等学院」開校(渋谷区代々木1-6-12)
保護者及び協力者の学院後援組織代々木倶楽部設立
1994年 子ども支援・調査・研究団体「21世紀教育研究所」設立
同研究所が、第1回教育講演会を実施。テーマは『それぞれの不登校』
学割定期取得のための活動開始
1995年 代々木高等学院第1回卒業式開催
本館・本部移転(渋谷区千駄ヶ谷5-8-2)
Alternative School(オルタナティヴスクール)の全国組織設立への呼びかけをスタート
社会福祉法人『鳩の森保育園』での実習開始
1996年 『新しい学びの場(オルタナティヴ・スクールガイド)』発刊
全国通信制サポート校協議会(現日本オルタナティヴ・スクール協会)【 JASA 】設立
全通協保護者会として文部省へ「行政からの支援」陳情
子どもと学院の様子をよりわかり易く学内誌、「KIT( Keep In Touch )」発行
特別養護老人ホームあやめの苑での実習開始
1997年 アルカディア館開館(多目的スタジオ設置)
「学割定期」取得に向け、署名活動を開始
「保護者会」機構改革、「保護者会便り」を発行。学院祭バザー運営等、各種企画推進
1998年 21世紀教育研究所が非営利活動法人(NPO)登記、独立
学割定期要望書及び16,000人署名を文部省へ提出
『もうひとつの「学校」案内』発刊
代々木高等学院、国民金融公庫より「国の教育ローン」認定校へ。
「学校」として位置付け
代々木高等学院在校生・保護者向けに単独で進路説明会開催・参加校30校(大学、専門学校)
1999年 コースを大幅に改編
ヨーロッパ青年団代々木高等学院を訪問・交流
「代々木高等学院」「学割通学定期」承認
2000年 JASA・加盟8校の連携と協力により、合同進学フェアを開催
代々木高等学院同窓会設立:第1回定期総会開催
学院祭のステージ・映像部門発表を新宿安田生命ホールにて実施
2001年 評定を自己評定方式等に大幅改訂
21世紀教育研究所C&C『常識不信』発刊
『もうひとつの「学校」案内vol.2』発刊
2002年 日独交流協会主催によりドイツ青年団、代々木高等学院訪問交流
21世紀教育研究所、アメリカ・チャータースクール制度創設者招聘・講演
21世紀教育研究所、教育特区勉強会開催
JASA杯(フットサル)開催。加盟校のクラブ活動を支援
2003年 21世紀教育研究所、衆議院会館に於いて教育特区勉強会開催
世界青少年交流協会主催により韓国青年団、代々木高等学院を訪問交流
21世紀教育研究所、アメリカ・チャータースクール視察ツアー実施
2004年 21世紀教育研究所、「もう一つの学び場Vol.3」発行
保護者会勉強会マドレッセ「第二の思春期」発刊
永田校長「三角関係の知恵」ごま書房より出版
2005年 代々木高等学校、三重県志摩市より特区制度を利用し認可され4月に開校